会長挨拶 長谷川 藤子

会長 長谷川 藤子橄欖会員の皆様 如何お過ごしでしょうか。

2021年度が始まり学校では新入生を迎え希望と活気に満ちています。新型コロナウィルスの感染拡大収束の見通しがつかない中で、制約の多い学校生活ではありますが若い学生たちの活力に元気をもらいます。

18年間校長を務 めた冨山隆先生が3月末をもって定年退任を致しました。長い間生徒達の育成と学校の発展にご尽力いただきありがとうございます。橄欖会の活動にもご理解とご協力をいただきました。4月より新校長として森田祐二先生が就任されました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

新型コロナウィルス感染拡大防止により、橄欖会では多くの行事が中止となりました。皆様におかれましても楽しみにしていた同期会が中止になり残念な思いをされている方々も多いかと 思います。橄欖会としては今年度の行事も状況を見ながら出来る限り多くの活動をすすめてまいります。

1924年3月1日、元学院長 坂田祐先生が初代会長として関東学院橄欖会が発足致しました。2024年には橄欖会発足100年を迎えます。記念すべき日に向かって皆様と共に様々な事業を計画しています。総会や橄欖会報、HP等でお知らせをしてまいります。新型コロナウィルスが早く終息すること、そして皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。